一般財団法人新日本検定

新着情報

器具容器包装 適正製造規範(GMP)監査・認証サービスの案内

 今般、合成樹脂製器具容器包装の国際整合的な衛生規制の整備のため食品衛生法が改正され、2020年6月1日よりポジティブリスト(PL)制度が施行されました。
制度導入にあたっては器具容器包装の製造現場における衛生管理の徹底とPL適合情報の適切な伝達が必要であり、製造管理規範(GMP)による製造管理の制度が改正法に盛り込まれました。国内における器具容器包装の製造はもとより、国外においてもGMPによる製造管理の対応が求められています。
しかしながら海外の製造現場へのPL制度の周知やGMPの導入などを実施することは大変難しく、対応に苦慮されているケースが多くみられます。

そこで弊会では、中国寧波海関技術センター(寧波海関TC)と共同で、厚生労働省が定める「食品用器具及び容器包装の製造等における安全性確保に関する指針(ガイドライン)」に基づいたGMP管理体制構築のプライベート監査・認証サービスを提供いたします。

このサービスでは、GMP導入に必要な管理文書体系の構築、ガイドラインの要求事項の解説、またポジティブリスト制度が求めている情報伝達の方法などについて丁寧に指導を行い、製造現場の管理体制をブラッシュアップします。ガイドラインに基づいて管理体制を評価し、定期的な更新をすることで品質の維持、向上を図ります。

弊会は、このサービスによって中国国内の製造拠点における器具容器包装の製造管理体制の適正化をサポートし、より安全、安心な輸入に貢献してまいります。

GMP監査・認証サービスの内容

□中国国内の器具容器包装製造工場への監査員による立ち入り監査の実施

□「食品用器具及び容器包装の製造等における安全性確保に関する指針(ガイドライン)」に基づくGMP管理体制の点検、指導、製品サンプルの試験、認証書の発行

□定期的な監査の実施と認証書の更新

 

本サービスの利用シーン

○新規工場との取引開始時のチェックとして

○既存工場の定期的な点検、指導として

○ポジティブリスト制度対応方法の指導のサポートとして

 

本件に関するお問合せ

食品営業グループ

TEL 045-273-1408

mail   sk-oversea@shinken.or.jp