一般財団法人新日本検定

海外における食品検査サービス

①中国から輸入される器具容器包装・おもちゃの食品衛生法に基づく規格試験

弊協会では、中国・寧波出入境検験検疫局(寧波CIQ)と業務提携を結び、日本に輸出される器具容器包装・おもちゃに関して、日本の食品衛生法に基づく規格試験を中国国内で行うサービスを提供しています。

寧波CIQは日本の厚生労働省の定める外国公的検査機関としてリストに収載されており、この外国公的検査機関の発行する検査証明書は、登録検査機関による自主検査と同様に取り扱うことが定められています。
中国からの輸出前に検査証明書を取得し、輸入時の検査実績として提出することでスムーズな輸入通関を行うことができます。
また、日本の家庭用品品質表示法やJIS規格に基づく試験も同時にお受けすることが可能です。

②日本からの輸出食品における、中国国家標準(GB規格)に基づく検査

食品安全に関する基準はそれぞれの国毎に異なっており、たとえ日本で食品衛生法に適合している商品であっても、輸出先の国の基準を満たしているとは限りません。
中国へ輸入される食品については、輸入時に中国国家標準(GB規格)に適合していることの確認が求められます。
弊協会では、日本から中国へ輸出される食品等について、中国国家標準(GB規格)に基づく試験分析サービスを受託しています。
弊協会は中国の複数の出入境検験検疫局(CIQ)と技術提携を結んでおり、最新の情報に基づくGB規格試験を提供いたします。
日本から輸出する前の事前確認としてご利用ください。

③その他の国における試験分析、調査、技術指導、コンサルティング

中国だけに限らず、ベトナム、ミャンマーなどアジアの各国においても、弊協会独自のネットワークを用いて様々なサービスを提供しています。
米国FDA規格、欧州規格など、海外の規格に基づく試験分析についても幅広く対応いたします。
試験分析以外にも、食品衛生に関する様々な調査報告や技術指導、コンサルティングなど、地域を問わずグローバルな専門サービスを提供いたします。